ベイスターズファンの応援グッズ整理|増えてきたタオルやユニフォームどうしてる?

DB.スターマン(手描きイラスト) 推し

私たちは夫婦そろってベイスターズファン(正確には、ファン歴40年以上の夫と、その夫にベイスターズファンに育てあげられた妻)

今はもうあまり買わないけど、数年前まではグッズもつい買ってしまうことが多々あって。ふたりともベイスターズファンだから、止める人がおらず。
ファンにしてはあまり買ってない方だとは思うけど、それでも何年も買えば増えてしまう応援グッズ。全部収納する余裕はないので、ちょこちょこ整理するようにしている。

ずらーっとユニフォームとか並べたりするのもいいよなあとは思ってた時期もあったけど、そこは自分の暮らしを優先ということで。単に昔ほど熱中していないからなだけかもしれないけど。

今回は、そんな我が家の応援グッズ事情を書いてみようと思う。

(…という記事の下書きを2年前くらいに書いていた。せっかくなので(?)手直ししつつ記事にしてしまおう)

応援タオル

応援タオルはいちばん増えやすいアイテムだと思う。

お値段も1〜2000円くらいで買えちゃうし、試合中に選手名の入ったタオルを掲げるために何枚も用意したりするし、球場限定デザインのタオルまであったらさらに買っちゃうし…

自宅にあるふつうのタオルより、ベイスターズのタオルの方が多いかも。

じゃあこの増えたをタオルどうするかと言ったら、普段使いにするしかないので判断基準を設けて「応援用」と「自宅で使う用」に分けた。
保管用、というのは我が家では設けていない。がしがし使う。

\判断基準/
  • 何年も前に買ったもの(古いもの)→ 自宅用
  • 今後、球場に持っていく予定があるかどうか → すでに引退・移籍した選手の分は持っていかない

これだけでもだいぶタオルが整理された気がする。我が家の普段使いのタオルがほぼ青になってしまうのは仕方がない。

ちなみに職場にいるオリックスファン(オリ姫)の子は、顔写真入りタオルを多く持っていて普段使いするにも若干使いづらいと言っていた。そういう弊害もあるのね。
幸い?うちにあるのは名前入りか、スターマンのイラスト入りくらいなのでそのあたりの微妙な感情はうまれない。

引退・移籍した選手の分は使わない…とは書いているけど、三浦大輔さんは監督だし、大原慎司さんはコーチだし、もしかしたら持っていける?と思ったりもするけど基本的にはやっぱり試合に出ている選手のタオル掲げるもんな〜。

ユニフォームとTシャツ

ユニフォームは1着8000円以上するものが多く、そう簡単に増えないはずなんだけど、気づいたら増えてるんですよね。怖いね。

イベント開催の時に配布されるものや、期間限定で発売される通常のホーム・ビジターユニフォームとは違うデザインのもの(値段も少し安かったりして)をつい買っちゃったりして。

それが夫婦ふたり分。そりゃ増えますよね〜

Tシャツは買うより配布されたものの方がうちは多いかも。
ここ数年は全く行けてないけど、ハマスタでイベントのときに配布されるTシャツ(×2人分)とかね。

Tシャツは全部部屋着にしちゃう。
案外?肌触りも悪くなくて、ゆったり着れるので高頻度で着ていたなあ。

問題はユニフォームよ。

関西在住のベイスターズファンなので、そう頻繁にハマスタへは行けない。近いところで甲子園(阪神)かバンテリンドーム(中日)あたり?
だとしてもやっぱり遠いから、行くのは億劫になる。

となると、ユニフォームを着る機会がほとんどない。

ユニフォームも応援タオル同様、球場に着ていく予定があるかどうかを基準に仕分けた。

夫はバウアー選手が来てくれたのがうれしかったのか、彼のユニフォームを購入してその他のユニフォームは全部手放した。

私は一昨年まではだいたい

スターマンのホーム・ビジター
嶺井博希選手のビジター

この3枚をメインで使っていて、あとは、初期の頃のスターナイト(※ベイスターズのイベント)のユニフォームはデザインが好きで残している。

手放すと決めたユニフォームは、基本的にはメルカリで売る。

できるだけ捨てたくはないし、人によってはタイミング合わず買えなかったものもあるかもしれないので、同じベイスターズファンに使ってもらえたら幸いという気持ちもある。

嶺井選手はもうベイスターズの選手ではないから、このユニフォームどうしようかなと迷うこと1年。未練もなくなり、ようやく手放すことができた。メルカリで無事に売れたので、ほっとしている。

嶺井選手・ベイスターズ時代のユニフォーム

また、夫もバウアー選手のユニフォームを手放していた。次に注目する選手のユニフォームを買うらしい。松尾選手か度会選手か。どうするんだろ。

バウアー選手のホームユニフォーム

というわけで、我々の現在所持してるユニフォームは、

夫:バウアー選手 なし
私:スターナイト・スターマン(ホーム・ビジター)・嶺井選手

私だけ3枚持っている状態に。
着るか着ないかだけでいえば、スターマンのビジターユニフォームだけあればいい気もするけど…そのあたりは一旦保留で。

その他のグッズ

スターマンのキーホルダー

その他に持ってる(持っていた)グッズと言えば…

タオルハンカチ
バッグ
定期入れ
キャップ
アクセサリー
キーホルダー

あたりかな。

ハンカチ類は普段使いしてるし、定期入れも壊れるまで使っていた。バッグは試合観戦用に。でもひとつもうボロボロになってしまって泣く泣く捨てた。気に入ってたんだけどなあ。

アクセサリーは1〜2個程度、試合観戦の時につけるようにしていたけど、これももう着けないだろう。嶺井くんの背番号入ってるやつしかないから…

キーホルダーは家の鍵につけてるけど、キャップは押入れの奥にホコリかぶって放置していた。今後使えそうなものだけ残して(+洗って)他は捨てることにした。

最近はよくも悪くも購買意欲がそんなにないから、家にあるのは数年前に買ったものたちがほとんど。その上で整理したから、数としては落ち着いた気がする(スターマンは大好きなんだけど、デザインがどんどん好みじゃなくなっていくので)

自分にとって、無理のない・ほどよい量であればいい

あまりグッズを買わないことや、持っていたものを手放してしまうこと。
罪悪感みたいなものがないとは言い切れず、ファンとしてはいかがなものか…と思うときもあった。

でもどれだけの距離感や熱量で応援するかなんて、人それぞれ。

すべてをベイスターズに注ぐことは私にはできない。でも別にそれでいいんだと思っている。
と言いながら、日々試合結果は気にしているし、完全にファンをやめるとかそういうのもまた無理っぽいんだけどね。

熱くなりすぎると、試合のたびに一喜一憂してめっちゃしんどくなる。私が悔しがったところでどうしようもないし、心配したり不安になったところでどうにもならないのに、勝手に苦しくなるのがもうよろしくない。
というのがあって、最近の私は推しているものたち(ベイスターズに限らず)と距離をおくようになってしまっている。

それもあってか、今年は広島で試合を観たときにハンドタオル1枚買ったくらい。
これも使うかどうかよく考えて買った。開封するのすっかり忘れてたけど、ちゃんと使います。

広島限定ハンドタオル

買うときは基本的によく考えて買ってるはずだし、買ったことにあまり後悔はしていないし、手放すことになってもそれまでそのグッズたちで楽しく観戦したり、日常生活に好きなものを持ち込めたりする喜びみたいなものも味わえたから、その分は十分元をとれたのかなとは思う。

その反面、手放すときに運良く売ることができたりして、多少お金が入ることもあるけれど…。売ってお金にするよりは、そもそも買わないことの方が節約になるんだよなあと、今更ながら考えたりもする。

そういう意味でもやっぱり、無理のない推し方・グッズの買い方って大事だよなー

タイトルとURLをコピーしました